三軸修正法

■革新的で原点回帰的な、体を整える為の発想法

長年様々な治療を受けてきた方、また整体などを学んだ経験のある方の中には、施術後に期待を裏切られたような感想を持たれる方もあるようです。
筋肉を揉みほぐすことなく緩めたり、またストレッチすることなく体の中のバランスが変わります。とてもシンプルな施術ですが、自然と体が楽になっていくからです。

鍼や整体など民間療法の世界での良い治療といわれるものは、十分なカウンセリングで症状の原因を突き止め、たっぷり時間をかけた丁重な施術をすることであるようです。
しかし施術の目的は痛みを軽くしたり健康になることですから、目的さえ達せられれば、施術時間の長短は治療の良し悪しとは本来は関係ないはずです。
病院での疾病や怪我に対する治療や処置を例にとってみると、効果が高ければ、治療の時間が短いほど良い治療であると評価されます。

□治るとはなにか。
西洋医学では50年前に最先端であった理論が、今日でも有効であることはまれでしょう。新しい理論が確立されれば、古いものは徐々に刷新されてしまうからです。
しかし民間療法の世界では、例えば数千年前にある地域で発達した治療法と、数年前に世に出た一種の流行的な治療法を織り交ぜて提供していることは珍しくありません。
そして一見矛盾するような施術が、それなりに有効に機能して効果を発揮しているようです。考えてみるとこれは不思議なことです。

私が学んだ※三軸修正法はこの不思議に対する一つの答えです。
予め用意された既成の考え方にとらわれず、自由な発想でもう一度体や健康について考えてみようという試みです。
当治療室の施術は、治るとは何かという問いに立ち返って「健康や快適さ」を見直す、古くで新しい体の調整法です 。

※三軸修正法は治療法ではなく、物事に対する考え方の提案です

三軸修正法

松本市在住の元航海士である治療家池上六朗氏は、物理学や気象学、構造主義(哲学)の視点から、既成概念にとらわれない自由な物事の考え方を提案し「三軸自在」と名付けました。

そしてこの独創的な考え方で体を捉え、整える考え方を「三軸修正法」と名付けました。三軸修正法は、これまで治療にとって常識であった解剖学や、東洋医学でいう「気」「エネルギー」のなどの曖昧な既成概念を離れ、全く自由で合理的な視点から体を捉え直しています。

三軸修正法は独創的ですが、その土台は実は誰もが認める常識的な知識がもとになっています。体は地球上に存在する他のモノと同じ物質であること、地球が回っていること、重力によって物質は引き合っていることなどなどです。

当治療室では三軸修正法の考え方を受け入れ、通常のマッサージやカイロプラクティック、気功等とは全く別の方法で体を調整します。

時間をかけずに瞬時に体が変化し、快適な方向へ整っていくのはこの考え方による施術だからです。

施術の後は部分的な痛みの改善だけでなく、身の軽さ、呼吸の深さ、しっかりと立てる安定感を実感できるのが最大の特徴です。

 

参考三軸修正法ホームページ