オスグッド病の中学生

オスグッド(オスグッド・シュラッター)病は、一般的には発育期のスポーツをしている男子に多い病気です。

成長痛と呼ばれることもありますが、腿の前面の筋肉の負担により膝のお皿を経て付着する膝下の骨に無理がかかり、痛みがでるものといわれています。

治療室のクライアントでサッカーのコーチをしている方の紹介で中学生のB君が来院しまいた。
膝の下の部分に痛みが出て走ったりボールを蹴ったりするのが辛くなりました。医療機関ではオスグッド病と診断されましたが、なんとか練習を続けたいとのことでした。

医療機関を受診した場合、成長期を過ぎるまで無理をしないでやり過ごしたり、太もものストレッチなどをするようアドバイスを受けることが多いようです。

しかし治療室での過去のオスグッド病に対する治療では、姿勢の前後左右の偏りを直し、脚の筋肉のよれを整えることで良い結果が出ていました。

B君についても、四回ほどの施術でいつも通りサッカーの練習に参加できる程にまで改善できたのでほっとしました。

カテゴリー: コンディショニング, 症例, パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)