片麻痺

二年程前から週一回通院されているVさんは、8年前の脳出血によって体の片側に麻痺がみられます。
発症後はリハビリを続けておられましたが、あまり改善がみられないとのことで来院されました。

一見して更衣動作などにご不便がみてとれますが、電車で乗って来院され、靴の脱ぎ履きなども時間がかかりますが全てお一人で済まされます。

毎回の施術の最後にはベッドで仰向けの姿勢で首の調整を行いますが、その時に麻痺した側の腕がゆっくり動いているが確認できます。

ご本人から伺ったお話では、この動きは普段がないもので意識したものではなく、自然に出てくるものだそうです。

また日常生活でも、施術を受け始めてからは、しばしば体の内側が動いているような感覚を感じられるようになったそうです。

また痙縮(けいしゅく)している側の腕が伸びた感じ、、麻痺側の脚に痺れ感を感じることもあるようです。

施術によって片麻痺の方すべてに効果が出るわけではありませんが、今後も経過を見守りたいと思っています。

カテゴリー: 症例 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)