力士

先日、体の大きな力士の方が腰痛治療の為に治療を訪れました。

ところで体の大きな方と小柄な方とでは、施術において違いはでるでしょうか?

僕が開業した15年ほど前は、指圧を中心とした施術を行っていました。
指圧の専門学校を卒業し、指圧専門の施術所で働かせてもらっていたので、開業時もそれを踏襲していたのです。
しかし指圧は全身をくまなく施術しなければなりませんので、体の大きな方に施す場合はそれに比例して術者の体力の消耗も大きくなります。

これではたくさんのクライアントの方を施術する場合、後半の方になるにしたがって術者の疲労が蓄積し、集中力も欠けてきます。
仕事として施術を行う場合、全ての方に同じ質の施術を提供しなければなりませんので、このような状況は避けなければなりません。

現在の施術は力よりシンボル(象徴)やイメージを使って体を整える画期的なものですので、どんなに体の大きな方に対しても同じ治療効果を出すことができます。

あとは、どんなに体格差のある方が訪れても、気おくれせず自信を持って対応するような気持ちの部分だけが大事になります。

施術後は体が整い両足でしっかりと立つこてまでにない感覚を実感され、ちょっと不思議そうな表情で帰途につかれました。

カテゴリー: 治療, 症例, | コメントする