■最新のものはこちらのブログに掲載させていただいております。

生理痛の整体

生理痛・月経前症候群・PMSなど12

婦人科系のトラブルで来院され整体を受けたた方々からいただいたお声です。

東京都江東区 A.Wさん  30代女性

元々、若いときから生理不順や生理痛がありましたが、10年前に一人目を授かってからはなかなか上手く妊娠することができませんでした。
ひと月以上も低体温期が続いたり、受胎しても流産してしまうことなど、そういう体質なのかと半ば諦めていました。
また、一人目も難産で、分娩に時間がかかり、生まれたときには仮死状態でした。 後で、産科のドクターからは、難産の原因は骨盤が充分に開かず産道が狭かったため、と言われました。 幸い、赤ちゃんはその後蘇生して無事に成長しましたが、全体的に、妊娠・出産に関しては苦労が多く大変なもの、という思いが強く、子どもは一人で十分、と自分に言い聞かせているところがありました。
35歳を過ぎたころから、家族の希望もあり、もう一人いたらどうだろう、と考えるようになりました。
ただ、丁度この頃から特に頭痛や肩こり、疲労感など体調が悪く、このまま妊娠可能な年齢も終わってしまうのだろうかという気持ちもありました。
その後、押小路先生との出会いがあり、治療目的であった頭痛や肩こりについては先生のところへひと月半程度通ううちにすっかり治ってしまったのですが、そのほかにも驚くような体の変化がありました。
治療開始後、最初の生理の時に、これまで無かったような強い眠気が起き、子宮のあたりにも鈍い痛みがありました。少し不安でしたが、先生には身体が変化するプロセスとのご説明をいただき、セルフケアと観察をつづけていましたところ、徐々に基礎体温が整ってきたのです。 ゆっくりと、時間をかけて、身体にリズムが訪れました。
低温期と高温期がはっきり2相に分かれるようになるまでに、何ヶ月かかかりましたが、春頃までにはきれいな基礎体温のグラフが書けるようになりました。
そして、初夏にはついに念願の赤ちゃんを授かりました。
妊娠の経過も順調で、一人目の時には酷かったつわりもほとんどなく、安定期に入り元気に幸せなマタニティーライフを過ごしています。
以前はあんなに恐怖だった分娩についても、今回はなんだか上手く行きそうな気がしています。 妊娠することが出来たのは、もしかすると、整体の効果だけではないのかも知れません 自分と同じくらいの年齢で、不妊に悩む友人も多いですが、それぞれの身体の事情があると思います。
ただ、私の場合は、整体をきっかけに自分の身体の不思議な変化に関心を持つようになり、食生活や休息のとり方などにも気をつけるようになり、身体の準備が整った結果だと信じています。
治療室には妊娠中もお伺いして、腰痛などの手当てをしていただいています。臨月まで施術を受けられるとのことで、とても心強いです。 これからも、どうぞよろしくお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ