生理痛・月経痛・月経前症候群の原因

婦人科系のトラブルについて

デリケートな女性の身体のしくみと、複雑な現代社会の生活環境の中では、原因の特定は容易ではないかもしれませんが、生理痛・月経痛の原因と考えられることと向き合い、自分にあった治療・改善方法を見つけることは必要です。 医学的に痛みを引き起こすと考えられている原因は、子宮に問題がある場合や骨盤の歪みなど、身体的機能に関する事柄が挙げられています。

子宮に関するトラブル

  • 子宮口が成熟していない場合(出産の未経験者や、10?20代の若い女性に多い)
  • 子宮内のホルモンの量が関係している場合(「プロスタグランディン」という生理(月経)前や生理中に分泌されるホルモンで、量が多いと子宮の収縮が強く、痛みをともなう「機能性月経困難症」)
  • 子宮や卵巣に問題がある場合(子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣膿腫など、子宮や卵巣器官に疾患がある「器質性月経困難症」)
 

骨盤や身体の歪みに関するトラブル

骨盤の歪みは、骨盤内の血流を悪化させ、生理(月経)時の体外への経血のスムーズな排出を妨げて、うっ血による痛みの原因になるといわれています。 また、骨盤以外にも背骨や首などの身体の歪みは、筋肉の硬直や神経を圧迫し、血流やリンパの滞り、自律神経の不調によるホルモンバランスの崩れをもたらし、痛みやむくみ、不快な症状の原因になるとも考えられています。 他にも、無理なダイエット、肥満や運動不足など不規則な食生活や生活習慣、仕事や人間関係のストレスなど精神的な理由も、生理(月経)にともなう痛みや不快な症状の原因と考えられているようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ