生理痛・PMS/月経前症候群の症状

生理痛にともなう症状

お腹や腰の重い痛み、背中のハリからくる鈍い痛み、乳房の圧痛、頭がズキズキするなど、痛みがある箇所や感じ方は、個人で異なるようです。 また、痛みを感じる以外にも、生理(月経)の前後や生理中に、さまざまな不快な症状を感じる場合があります。
下痢や便秘がちになる、手足が冷える、下半身のむくみ、吐き気、吹き出物や肌荒れなど、普段とは異なる身体的な異常や、気分がイライラしたり、眠気やだるさを感じて、集中力が低下するなどの精神的な不都合を感じ、中にはこのような痛みや症状が生理(月経)前から強くでて、婦人科で「月経前症候群・ 月経前緊張症」(PMS)と診断される方や、「月経困難症」とよばれる、日常生活に支障をきたす深刻な症状を経験する方もいます。
婦人科の医療分野で、月経困難症とよばれるものには、子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮に関する病気が原因となっている「器質性月経困難症」と、生理前や生理中に分泌されるホルモンの量が原因でひきおこされる「機能性月経困難症」との2つが挙げられています。
以上のような症状の他にも、生理不順とよばれる月経異常も、生理に関する主なトラブルに挙げられます。 生理(月経)の周期が乱れる、生理(月経)期間が異常に長い(短い)、経血の量が異常に多い(少ない)など、周期、量、日数に関する異常や、中には長期間に渡って生理(月経)が止まってしまうなど、生理不順に関する深刻な悩みを抱えていらっしゃる方もいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ