整体などの選び方について

整体などの選び方

「体のコンディションを整えたい時、体調が優れない時、いったいどんな整体に行けばいいのかわからない!」「安心して通える整体院があったらいいのに!」 当院に来られた方からよく伺うお話です。あなたはそのような時どのようにされていますか?

街には整体院・治療院があふれています。ネットで検索しても、街を歩いても治療院や整体院はどんどん増える一方ですね。 ちょっと疲れたからとりあえず横になって体を休めたい・・少し気分転換ができば・・というなら話は簡単です。
しかし整体院などが増えてしまった昨今の状況では、身体の不調を改善させる為のほんとうに自分で納得のでき、信頼関係を結べる整体院などに出会うのは至難の技です 。ただ飛び込み的に行ってみてもあなたに合った整体院などにに巡り合う確率はとても低くなってしまってます。

現在の治療業界は整体、接骨院、カイロ、カイロプラクティック、骨盤矯正、スポーツ整体などなどほんとうにいろいろな整体や療法が混在しています。整体施術者も経験豊富なベテラン(veteran)の先生から、開業したばかりでも、熱意にあふれる若い先生まで様々です。

信頼できる治療家に出会う1番確実な方法はやはりご家族やお友達に紹介してもらうことです。その次に確実なのはご自分では十分に下調べをすることです。
もちろん最後は整体の施術を受けてみなければ、口コミや評判などだけではその良し悪しはわかりません。でもいろいろな情報を仕入れておけば、はるかに満足できる結果を生むと思います。

皆さまご承知の通りいわゆる治療・整体業にかかわる業者にはおおまかに分けるとマッサージや指圧、鍼、お灸などの国家資格者と、カイロプクテックや○○整体、アロマなどはさまざまな民間資格者の方々がいます。

国家資格者は専門学校での三年間にわたる養成期間や、一定のルールのもとで施術を行うなど、施術内容や広告宣伝等にも制限があります。 ※民間資格の場合はとくに法的な規制は一切ありません。

しかし国家資格を持っているといっても、最低限の知識と、技術をクリアしているというだけであって、実力が証明されているわけではありません。熟練し経験豊かな信頼できる施術者にめぐり合って、ご自分の身体を任せている方は本当に幸せな方だと思います。
私は自分自身が治療院を経営していることもあり、それなりに治療院を選ぶ基準も持っています。また多くの信頼できる治療師の方々にも、出会うことができ、ちょっと体に無理をすることがあっても、安心して日々を送ることができています。
健康の維持は自己管理が基本ですが、いざという時に頼れる存在があるのと無いのとでは、ほんとうに大きな違いがあると思います。

病院に行くほどではないけれど、何かが自分に必要だと思った時、治療院や整体院にいってみるという選択肢もあります。 たくさんある治療院・整体院にはそれぞれ施術の特徴があり、提供しているサービスは全く違います。
また得意な症状や対応していない症状もが必ずあるものです。 事前によく下調べをしておけば、クライアント、施術者双方にとって良い結果が必ず得られると思います。

整体や治療院などの資格や大まかな分類

街でみかける”身体を直す仕事をしている施術所は大きく三つに分けることができます。

  • 接骨院・整骨院
  • 保険証をもっていくところですね。 柔道整復師という資格をもった方が運営しているところです。 お年寄りなどが、朝早くから待合室で待っている姿をみかけた方も多いことでしょう。
    いろいろな治療機械が並び、いかにも治療院という雰囲気です。
    スポーツによる捻挫や脱臼などで通院された経験のある方もいらっしゃると思います。
    柔道整復師の業務は、「脱臼、骨折、打撲、捻挫等に対してその回復を図る施術を業として行うもの」ということになっています。
    この資格を取るには厚生労働省の指定の専門学校で3年間の履修後、国家試験に合格する必要があります。

  • 指圧・マッサージや鍼の治療院
  • あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許、きゅう師免許の免許を取った方が、住宅地や駅前で長年を開業されていることも多いようです。
    クイックマッサージがブームとなる前は、体調が悪いと、だいたいこのような所にいくものでした。
    医師以外の者が鍼・灸・あん摩マッサージ指圧を、行う場合は「あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許、きゅう師免許」を受けなければならない。」ことになっています。
    この三つはそれぞれ別の免許になっていますので、試験も別々です。
    修養期間も上記を同じ三年が必要で、これも国家資格になっています。私の免許はこれに当たります。
    法律上は 医業類似行為(簡単にいえばお医者さん以外で、カラダに手当てをすることです)をするには上記の免許が必要ということです。
    ※これらの資格は厚生労働大臣の指定した専門学校で三年間の修養後、国家試験を受けて取得します。

  • その他の整体など
  • カイロプラティック、中国整体、○○整体、アロマテラピー、リフレクソロジー、フットマサージ、気功などなどはこの範疇に入ります。 内弟子として入門して、長期間の修行を経て習得するものから、数日間の講習で認定書を発行する学校まであります。
    最近の独立起業ブームで他の業種から参入する方も多いようです。

いずれの業種も、ベテランの方から昨日開業された方?までが入り交じり、とてもわかりにくい状況となっています。

治療系?それともリラックス系?目的で選ぶ。

以上がおおまかな分け方ですが、それぞれの業種が他のテクニックを取り入れたりしていますので、ますますわかりにくい状況になっています。
施術の目的、効果もそれぞれの施術によってかなり変ってきます。 まずは「カラダに不快症状や痛みがあり、それを取り除きたい」のか、「日々の忙しさから離れてリラックスしたひと時を持ちたい」のかをご自分の中ではっきりさせることが大事です。
もちろんリラックスも長い目でみれば治療といえると思いますが。 その辺をあいまいにして施術所を選ぶと、施術者、それを受ける方、双方に後悔を残してしまうことになります。
それぞれの施術所の案内をよく検討し、不明な点がある時は、電話などで遠慮なく問い合わせることも必要です。
治療とリラックスの境界があいまいなところは、避けたほうが良いでしょう。 各施術所には必ず得意分野があるはずですから、そのことに自信を持っているかは電話などの対応で何となく伝わるものです。

資格や療法の違いより、施術者の人間性で選ぶ

国家資格を持っている者であっても、診断権はありませんので「あなたは○○病です」などの発言は違法になります。
根拠なく病名を出して脅かすような発言の多い先生のところは、避けたほうか賢明です。 いずれにしても免許の有る無しより、施術者が自分のカラダを任せられるに足る、信頼できる人間性を持っているかに尽きると思います。
資格を持っていても、そのことに甘んじて日々の勉強を怠っている方もあるでしょうし、民間の資格を持っているだけでも熱心に向上努力をされている方もいると思います。
もし自分のカラダの調子が悪くなったら、迷わず後者の先生のほうを選ぶでしょうから。 忙しい毎日の中、またお休みの日に、かぎられた時間をなんとか作って治療院やマッサージ等に行っても、がっかりして帰って来た!という経験のある方はけっこう多いを思います。
そうゆう時って、ホントにさびしくなりますよね。 当院は、そんな時迷わず選べる施術所でありたいと思っています。

上手な”治療師”との付き合い方

治療家と患者さんの関係といっても、やはり基本にあるのは普通の人間関係です。 もし施術後、痛みが七割ぐらいは取れていたら「まだちょっと・・」と言うよりは「ずい分よくなりましたよ」って伝えたほうが絶対得ですよ。 そうすると治療師はその気になって、次回はもっと張り切って施術に取り組んでくれること間違いないです。 (もちろん全く効果がかなった[五割以下?]なら話は別ですが・・) 良くても悪くても、患者さんの反応がないのが一番ツライですよね。 不満でも疑問でもどんどん施術者に伝えたほうが、かえって大事に扱ってもらえると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ