ランナーの方

ランニング マラソンなどをなさる方のコンディショニング

体の歪みを整えることで、エネルギー効率のよい走り方ができるようになります。また怪我の予防にも効果的です。

腸脛靭帯炎(ランナー膝・ランナーズニー)

腸脛靭帯炎は別名ランナー膝やランナーズニーなどとも呼ばれ、ランニングやマラソン愛好者によくある症状です。レースが近づいていいるのに、痛みが出るために集中してトレーニングに取り組めず、焦りや苛立ちを経験された方も多いと思います。

ランニング、マラソンなどをされる方が膝の痛みを訴えられる場合、膝関節内の靭帯のトラブルより膝の外側の靭帯の炎症であることが多いようです。

腸脛靭帯

腸脛靭帯は太腿の外側にあって骨盤と脛骨(ひざ下の骨)にまたがる最長の靭帯(骨と骨をつなぎ止める硬いゴムのような組織)です。
この靭帯は脚の曲げ伸ばし時に膝の側面を前後に移動しますが、 炎症の直接の原因はこの時に大腿骨(太腿の骨)の膝に近い部分の外側の出っ張り(大腿骨外側外側顆)に靭帯が引っかかることを繰り返すことによる損傷です。 腸脛靭帯摩擦症候群とも呼ばれています。
初期は走った後に痛みが出ますが休息を取れば治る程度ですが、悪化してくると常に痛みを感じるようになります。

腸脛靭帯の原因

炎症は誰にでも起きるわけではないので、体の構造上の問題というよりは体のアライメント(歪み)や使い方に原因があって起きてきていると思われます。
症状の出やすい方としてはO脚気味の方、脚の外側に体重がかかりやすい人体のアライメントがずれた状態のでオーバーユースなどが主な原因を考えられます。

腸脛靭帯の治療

炎症は怪我のような状態ですので、体の歪みを整え走行時の靭帯への負担をなくすことで徐々に回復していきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ