腰の痛みの原因の種類について

腰痛の痛みの出方やその後の症状などは、人によって異なります。一般に病名が特定されている代表的な症状には、以下のようなものがあります。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

重い荷物を持ったり、無理な姿勢をとるなど、何かの拍子で突然、頸椎のずれが瞬間的に生じ、激しい痛みで歩くことが困難になってしまうような症状。よく腰が抜けたような感覚と説明されます。
その後、周辺筋肉の炎症の痛みや、炎症がおさまった後も、姿勢の歪みとなって鈍い痛みが残ったり、腰痛を繰りかえす場合があります。

座骨神経痛

典型的な痛み方は、鈍痛やしびれの感覚です。座骨神経が身体の歪みなどにより刺激されることで、臀部から太ももの裏側にかけてのズキズキした鈍痛や、チクチクとしたしびれを感じ、症状が進行すると、痛みの範囲が足先の方まで広がってくる場合があります。
重い症状になった場合は、神経の圧迫による感覚麻痺で、歩行中につまづくことが多くなるなどの異常を経験する方もいるようです。。

椎間板ヘルニア

せきやくしゃみなどをしただけで激痛を感じたり、腰、臀部、太ももの裏側から足先にかけてのしびれの症状。坐骨神経痛の症状にも共通していますが、椎間板ヘルニアの場合は、前傾姿勢をとった際に痛みを感じたり、椅子に腰掛けるのがつらく感じられます。
症状が進行すると、長時間の歩行や排尿が困難な場合があります。

脊柱管狭窄症

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのような激痛の症状以外に、脊髄中枢神経(背骨)の部分にピリピリとした神経痛があったり、腰が伸びた状態で痛みを強く感じます。
症状が進行すると、腰(腰椎)から臀部、足先にまでに痛みが広がり、長時間の歩行が困難になります。脊柱管狭窄症の場合は、椎間板ヘルニアとは逆に、背中を反らせた場合に痛みを感じるという特徴があります

生理(月経)と関係した痛み

腰から背中にかけての鈍痛やハリをともなう痛みなどは、生理(月経)や 女性特有の婦人科系の疾患が原因となっている場合も考えられます。
あらかじめ、医療機関で内蔵疾患などがないか、検査する必要があるでしょう。
生理痛・月経痛の項目参照。

サブコンテンツ

このページの先頭へ