腰の痛みや原因など

慢性的な腰痛を抱えている方は、痛みや不快感を緩和するために、すでにいろんな方法を試されていることでしょう。背骨や骨盤の身体の歪みから生じる腰痛の場合、骨格に先天的な問題がある場合を除き、日常生活に原因がある場合がほとんどです。

まずは姿勢や動作、ストレスの緩和をはじめ、生活習慣を見直す必要があります。 同じ姿勢で長時間過ごすことを避け、特に座って作業する場合は、身体にあった椅子選びや、時々身体を動かすなどの心がけが必要です。
立ったり歩いたりして作業をする際は、前かがみや中腰の姿勢を避け、足の片方に重心をかけないようにし、腰に負担のかからない靴を選ぶなどが、痛みの緩和や改善、予防に有効です。

突然の痛みも、長年の腰への負担や筋肉疲労が原因になっていることがあります。日頃から適度な運動やストレッチによる筋力強化や、ストレス緩和も必要なことです。
痛みを止めたり緩和するために、病院で処方される湿布や鎮痛剤などの薬物を常用したり、ツボ押しやマッサージを試される方も多いと思います。また整形外科的な方法で、骨盤ベルトや腰痛ベルトと呼ばれるコルセット器具を利用される方もいらっしゃいますが、いずれも効果は一時的であり、痛みを止めるだけで治療や改善にはなりません。

腰痛全般に効果的なのは、まず安静にして身体本来がもつ自己治癒力を高めること。整体(斉体)は、その自己治癒力を活性化させることができます。
そして、腰痛の再発を防ぐためにも、施術を受ける方たちの日常的な身体と心に対するケアが大切になってくるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ