整体

目次

整体とは

広辞苑によれば「整体」とは「手技によって骨格のゆがみや異常を整え、健康増進をはかる民間療法。」とあります。

「ゆがみ(歪み)」を調べると、形がゆがんでいること。いびつ。また、比喩的に、ある事の結果として現れた悪い影響とあります。

また「整える」は乱れているものを秩序づける。きちんとした形にする。また(音律などを)合わせる。調和させる。の意があります。

整体はマッサージや指圧、鍼、灸などと違って、法的な定義はありませんが、「道具や機械を使わず、人の手にによって骨格のいびつさを秩序づけ、調和させ、体にあらわれた悪い影響を取り除く行為」と考えて良いかもしれません。

手を使った民間療法ということになりますが、一般の方は、施術全般を指す意味で使われることもあると思います。

歴史

「整体」という言葉は大正時代以降に使われるようになり、カイロプラクティックやオステオパシーなどと日本古来の「あんま」などを組み合わせたものを「整体」と呼び始めたようです。

整体の種類(資格)

接骨

「ほねつぎ」とも呼ばれ、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる外傷性が明らかな原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる施術を行うものです。日本古来の柔術の中の活法が発展したものです。国家資格系

按摩マッサージ指圧

按摩

中国由来の「押す・もむ・さする・なでる・たたく」などを行う手技療法です。身体の変調(疲労、肩こり、頭痛、めまい、不眠、神経過敏、食欲不振、便秘、腰痛など)を整え、健康の維持増進が目的となります。国家資格系

マッサージ

皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法 国家資格系

指圧

あん摩術の中の押す方法(圧迫法)が、独自に発展したのもと言われています。日本独特の技法であり、”もんだり””たたいたり”せず、手指や手掌で体表に「圧」を加える技法です。筋肉の疲労物質を除去し、筋肉を正常化し、体の均衡を保つことを目的とします。国家資格系

その他の療法

カイロプラクティック

カイロプラクティックは、背骨を中心とした、身体の構造と機能に注目した手技療法です。

オステオパシー

筋膜リリース

PNF

身体均整法

クレニオセイクラル

もとは背骨や骨格を矯正する技術のことでしたが、一般の方が使う「整体」という言葉の範疇には、カイロプラクティック、カイロ整体、中国整体、小顔整体、美容整体、筋膜リリース、気功整体、磯谷式、十字式、野口整体、バランス整体、タイ式マッサージ、ロルフィング、身体均整法、セラピューティック・タッチ、クレニオ、ヨガ整体、操体、ロミロミ、PNFストレッチ整体、AKAなど様々な流派や系統が含まれ、ひとことで言い表すことはできません。

またスポーツや美容に特化したスポーツ整体、美容整体などもあります。
スポーツ整体では、競技の技術向上や体のメンテナンスを目的とし、美容整体ではO脚矯正、小顔矯正といった施術メニューもみらます

施術

「痛み」や「運動制限」などの不調を治すことを目的にしたものと、リラクセーション(気分転換)を目的にしたものに分けられます。

強い力を使って筋肉を引き伸ばしたり骨の位置を直すものから、わずかな力で体に触れているだけのものまであります。

近年は強い力を使った矯正やストレッチより、ソフトなものが好まれるようです。

頭蓋骨、頸椎、脊柱、骨盤、筋肉、筋膜、靭帯、内蔵など体のさまざまな部位に対して施術をしていきますが、定まったやり方はありません。

施術にかかる時間も数分から数十分まで、費用もさまざまです。

整体師の資格は

公的な資格はありませんので、民間の養成所で学んで卒業証書を取得します。養成期間は数年~数日までさまざまで、通信教育で学ぶ場合もあります。

公的な資格ではないので、養成機関を経なくても明日から「整体師」を名乗ることは問題ありません。

マッサージや指圧の国家資格制度とは違い、カイロプラクティックなどを含む「整体業」ではマッサージという言葉は使えません。そのため、施術のことをボディケア、骨盤矯正等と呼んでいることもあります。
また「施術」ではなく、「指導」という言葉を使う場合もあります。

整体の施術であつかう体の歪みの原因

歪みの原因

  • 生活習慣 体のそもそもの設計にそぐわない立ち方、歩き方、寝方、座り方にゆる影響
  • 自然環境 気圧、重力、湿度、温度などの影響
  • 性格やストレス 物事の捉え方、考え方、精神的なストレス

施術の効果

  • 骨格を正しい位置に戻すことで、関節のスムーズな動きを取り戻します。
  • 施術によって歪が解消すると、体の歪が原因でおきていた筋肉の緊張がなくなります。

参考:日本指圧専門学校

目次